ラクリエの健康特集、「春のヘアケアでアタマスッキリ!ココロ満開!」

花粉症の時期を賢く乗り切ろう!

花粉

花粉症やアトピーなどのアレルギーは免疫の異常反応で、 本来なら外敵からカラダを守る免疫が反応しすぎて 花粉などの敵ではないものにまで反応するため起こります。


花粉

花粉症は花粉を「敵」と判断して体外に追い出そうとするため、
・くしゃみで吹き飛ばす
・鼻水・涙で洗い流す
・鼻づまりで中に入れないように防御する
などの症状が出てきます。

花粉症

花粉

アレルギー人口はますます増加し、現代人の免疫機能はまさに赤信号!
これらのアレルギー症状は免疫バランスを整えてアレルギーを自分の力で抑えることが重要です。
手強い花粉症に立ち向かうためには、自分自身のカラダと生活習慣を見直すことからはじめましょう。


質問 ローヤルゼリーにはどんな栄養素が含まれているの?神奈川県・岸様(74歳)からの質問
答え

40種類以上もの栄養素が
バランスよく豊富に含まれています

ローヤルゼリーとは、働きバチが分泌する乳白色の物質。働きバチの40倍も長生きし、1日2千個以上の卵を産む女王蜂のスタミナ源です。

3大栄養素であるたんぱく質・炭水化物・脂質をはじめとして、各種ビタミン・ミネラルなど40種類以上もの栄養素が、バランス良く豊富に含まれています。ローヤルゼリーの品質は、特有成分であるデセン酸の含有量によって決まります。ぜひ商品を選ぶ際の参考にしてください。

素朴な疑問

ローヤルゼリー含有成分の内訳

たんぱく質・アミノ酸

■ 必須アミノ酸()(9種類):
フェニルアラニン、ロイシン、ヒスチジン、トリプトファンなど

■ アミノ酸(14種類):
アスパラギン酸、グルタミン酸、チロシン、アラニンなど

■ ローヤルゼリー特有の機能性タンパク質:
ロイヤリシン、ロイヤラクチン、アピシン、類パロチン

体内では合成することができず、食物から摂らなければならないアミノ酸

ビタミン類

ビタミンB群(1.2.6.12)、葉酸、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸

ミネラル類

マグネシウム、カルシウム、リンなど

脂肪酸

■ デセン酸(ヒドロキシデセン酸):
:ローヤルゼリー特有成分

 ■ グルコン酸:
腸内のビフィズス菌を増やす

その他

アセチルコリン、イノシトール、タウリンなど


質問 サプリメントや漢方薬には副作用はないの?福井県・山野様(70歳)からのご質問
答え

体質や体調などによって、
まれに身体に合わないことがあります。

アレルギーのある方や特に敏感な方は商品パッケージやカタログ等で使用原材料をご確認下さい。また、お薬を服用中の場合やご心配な場合には、かかりつけの医師または薬剤師へご相談されることをおすすめします。

お薬の種類や病気の内容、食事指導などによっては飲み合わせが問題となり、注意が必要な場合があるからです。

食薬区分
漢方薬 サプリメント

医薬品に分類。体質や体調によってさまざまな特長の生薬を組み合わせてつ くられるお薬。添付文書に記載されている用法・用量に従って服用してください。

いわゆる健康食品である一般食品に分類されるものと、保健機能食品に分類 されるものがあり、医薬品とは異なる。

不足しがちな栄養成分を補ったり、特定成分が体にゆるやかに働きかけることで病気になりにくい体作りをサポートする。


質問 健康食品の賞味期限はどのように読めばよいですか?
答え

私どもでは、健康食品の賞味期限を
次のような期間の目安として表示しています。

粒・カプセル・粉末

成分の配合量が保証される期間

飲み物

おいしくお召し上がりいただける期間
(例:お酢など)

商品により賞味期限の表示の方法が異なりますが、全て西暦での表示です。

また、数字の中に小さな「点」が入っている場合がありますが、これは年や月、日を区切るために記載しています。

なお、この賞味期限は未開封の場合ですので、開封後は1日摂取目安量を守って、お早めにお召し上がりください。

数字

意味

読み方

5または6桁

2012.5
2012.05

西暦4桁、
月1~2桁の順

2012年5月

6~8桁

2012.5.5
2012.05
20120505

西暦4桁、
月1~2桁、
日1~2桁の順

2012年5月5日


厚生労働省の統計を交えたちょっとマジメなお話。
日本人は本当に果物不足!果物不足にはドライドブルーベリーがおすすめです♪
 

日本人平均40g不足!果物を食べていますか?

かんきつ類

みなさん、1日の果物摂取推奨量をご存知ですか?食事摂取基準(2005年度版)によると、なんと150~200g(皮・種除く)。
こんなに食べているかな・・・と考えている方もいらっしゃると思いますが、ずばり、日本人は果物不足です!
2008年4月に公表された「平成18年国民健康・栄養調査結果概要」(厚生労働省)によると、日本人(成人)の1日果物摂取量は110.1g。150gから比べると40gも足りません。
2年前に行われた同調査では、摂取量119.6gであったことから、約2年間で10g減。日本人の果物離れが浮き彫りになっています。

平成18年.平成16年世代別果物摂取量

<世代別果物摂取量:国民健康・栄養調査(厚生労働省)より引用>

 

世代によっては90g以上も不足!!

性別でみてみると、やはり甘いものが苦手な方が多い男性の方が女性よりも摂取量が少なめです。
(だいたい男女の摂取の差は10gほどあります)

また、世代別で見てみると、60代~70代で摂取が比較的多く、20代~30代で摂取が少ないです。15歳未満の子供の果物摂取量はこの2年で約30g減と顕著に減っています。

一番フルーツの摂取が少ない層は「30代男性」の55.1gで、目標値の150gから比べると90g以上も少ないのです!

スイカ

男女別果物摂取量

<男女別果物摂取量:平成18年国民健康・栄養調査(厚生労働省)より引用>

 

果物不足になっても自覚がない!?

ドライドブルーベリー

今までこのページを読まれた方は、日本人は果物不足なんだ!ということを痛感されていると思います。

さて、それを自覚して、改善したいなと思っている方はどれくらいでしょうか?厚生労働省の調査によると、その割合は約30%にも届きません!(平成17年国民健康・栄養調査より)果物不足を自覚されている方は少ないようです。

果物不足を自覚された方!皮むき不要、タネ・皮ごと食べられるドライドブルーベリーはいかがでしょうか?スナックやお菓子感覚でパクパクと食べられますよ!

お客様マイページログイン

買い物かごを見る

携帯サイトにリンク

WEB限定アウトレットセール

商品一覧

健康食品の販売はこちら

定期購入

ナチュラルウェイ

お客様の感想をお知らせください