ラクリエの健康特集、「春のヘアケアでアタマスッキリ!ココロ満開!」

特集:身近な食材でカラダをすっきり除湿!!

薬膳がゆ 身近な薬膳食材で、からだをすっきり除湿!!

東洋医学でいう「湿邪(しつじゃ)」とは、カラダにある余分な水分(=湿)によってもたらされる体調不良のこと。
梅雨の後にやってくる夏を、東洋医学ではカラダをつくるための一年で最も大切な時期と捉えています。これから一年間の健康づくりのためにも、梅雨の不調を夏に持ち越さないようにしましょう!


梅雨の不調、キーワードは脾にあり!

 ジメジメとした梅雨。気分がめいるだけでなく体調までダウンしてしまうという方、いらっしゃいませんか?

 最近では冬場の過乾燥が健康や美容によくないとして、加湿器を使用する家庭が増えてきましたが、逆に梅雨など湿度が高い時期に、何となく疲れやすかったり、関節が痛んだりなどのトラブルがもたらされることもあります。この状態が「湿邪(しつじゃ)」です。

湿邪による身体の不調
神経痛・頭痛

気圧の変化や湿度の上昇により末梢神経の傷が刺激されて神経痛や関節痛などの症状が。治ったはずの古傷が痛むことも。

むくみ・水太り

汗や冷房でカラダが冷えると血液の循環が弱まり、水分が尿としてうまく排出されず、むくみにつながる。ビール腹もこれに当てはまる。

胃腸の不調

暑いからといってむやみに冷たい飲み物を飲むと、おなかの冷えや消化液が薄まる原因となり、食欲不振、消化不良、下痢といった胃腸の不調が増える。

だるさ・頭痛

梅雨時期の激しい温度差によるストレスから自律神経がうまく働かなくなり、だるさや頭痛をはじめ、手足の冷えや月経不順が引き起こされることがある。

皮膚病の悪化

外気の湿度が上がりすぎると、じゅくじゅくタイプのアトピー性皮膚炎や水虫が悪化することがある。ただし乾燥肌の方には◎といった反面も。

 湿邪のキーポイントとなるのは、東洋医学でいうところの「五臓」のうち、「脾(ひ)」です。これは西洋医学が指す脾臓とは異なります。

 東洋医学では、脾は消化器系の働きをつかさどり、生命のエネルギーをつくりだす源と考えられており、水分の吸収と運搬を行う役目を持つ一方、過度の湿を嫌う性質を持ちます。そのため脾が弱ると、胃腸がうまく働かなくなり、消化不良や下痢が起こったり、水分代謝の低下のためむくみやカラダが重い、だるいなどの症状が現れたりします。

 さらには体内でエネルギーが十分に作られないことから、すぐにエネルギーになる甘いものに手が伸び、肥満につながってしまうこともあります。

東洋医学における五臓とは?

五臓とは、生命活動を維持するために必要なカラダの全ての働きを、肝・腎・脾・肺・心の5つのグループに分ける東洋医学の考え方。

西洋医学が指す解剖医学的な臓器とは異なる意味合いを持ち、五臓が互いの機能を助け合ったり、抑え合ったりしながら、それぞれがバランスをとることで健康が保たれるとされる。

なお、「肝腎(肝心)かなめ」という言葉は、肝と腎がカラダにとって特に重要であることから生まれたもの。


心(しん):覚醒、睡眠リズムの調節、血液の循環、汗の分泌、体温の調節などの働きがある・腎(じん):成長・発育・生殖能をつかさどる、水分代謝の調節、呼吸能の維持などの働きがある・肝(かん):精神活動の安定化、栄養素の代謝と解毒、血液の貯蔵と全身への栄養供給などの働きがある
肺(はい):全身の気の流れの統括、皮膚の機能の制御などの働きがある・脾(ひ):食物・水分の消化・吸収・運搬、血液を滑らかにする、筋肉の形成と維持などの働きがある。湿邪対策のキーポイントはココ!

 西洋医学であれば梅雨の時期のさまざまな不調に幾通りもの病名をつけるところですが、東洋医学では「湿邪」のひとことで言い表しています。

 経験に基づく独特の体系を持つ東洋医学ですが、湿邪とその理路整然としたメカニズムの説明は、私たちのカラダに起こる梅雨の不調をぴたりと言い当てており、中国四千年の神秘を感じますね。

東洋医学といえばツボ・湿邪に効く足のツボは?
湿邪に効く代表的な足のツボ3種類! 豊隆(ほうりゅう)

すねのやや外側、筋肉の一番盛り上がった所にある。体内の余分な水分を取り除くのに特に効果的。

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの一番高いところから、指4つ分上がった骨の際にある。体内の水分代謝を高めて消化不良や冷え・むくみに効果を発揮し、カラダに元気を与える働きがある。

陰陵泉(いんりょうせん)

内くるぶしの延長線上、すねの内側でひざ下の骨のやや前下にある。水分代謝を調節してむくみを解消する。

「湿気とり食材」で梅雨を快適に

 ところで中国には古くから「薬食同源」という考え方があります。薬は食であり、食は薬であるという考え方で、のちに日本で「医食同源」という言葉が生まれるきっかけにもなりました。

 日頃の食生活に気をつけることで、病気を予防したり治したりできるという医食同源の考えを基に、個人の体質や症状に合わせて食材や調理法を選んで作られた料理を「薬膳」と呼びます。

 薬膳というと、漢方薬の原材料の生薬などが思い浮かぶかもしれませんが、私たちがよく口にする身近な食材も取り入れることができます。今回は薬膳の考え方を取り入れた湿邪対策の食材を紹介します。胃腸の調子を整え、水分代謝を促す薬膳食材でカラダをすっきり除湿し、今年の梅雨シーズンを快適に過ごしましょう。

良い香りがする食材

香味野菜など良い香りがする食材は胃腸の働きを活発にし、体内の余分な水分=湿の排出に役立つ。特に生姜はカラダを温めて発汗を促す作用もあるので◎。

唐辛子、しそ、生姜

例/しそ、生姜、ゆず、三つ葉、シナモン、カレー粉、山椒、ねぎ、らっきょう、唐辛子、にんにく、にら など

利尿作用のある食材
トマト、きゅうり、大豆

利尿作用で湿を除去!ただしウリ科の野菜は熱を奪う働きもあるので、冷えが気になる人は、カラダを温める食材とあわせるか、食べる前に冷蔵庫から出して常温に戻しておくとよい。

例/きゅうり、スイカ、トマト、ゴーヤ、メロン、冬瓜、豆類(大豆・小豆・そら豆)、ハトムギ、大麦 など

脾の働きを助ける食材

米に代表されるような甘味は、胃腸の働きを助け、弱った脾に活力を与える。

人参、しいたけ、お米

例/米、長いも、大棗、さつまいも、かぼちゃ、人参、キャベツ、しいたけ など

お客様マイページログイン

買い物かごを見る

携帯サイトにリンク

WEB限定アウトレットセール

商品一覧

健康食品の販売はこちら

定期購入

ナチュラルウェイ

お客様の感想をお知らせください